運転手の勤務先と気になる待遇について調べてみよう!


専属運転手になるには高度な運転技術やマナーが必要

大手企業内で専属運転手として採用されるためには、企業ごとの基準によりますが、高度な運転技術や社会人としての最低限のマナーが求められます。特に、正社員の専属運転手は基本給や手当などの面で魅力がありますが、採用基準が厳しい傾向が見られるため、求職中にじっくりと各社が必要としている運転手の特徴について理解をすることが大事です。最近では、専属運転手になるための方法について、ドライバー就職に関する情報誌やウェブサイトなどで詳しく紹介されることもあります。そのため、専属運転手の働き方や仕事内容など興味を持っている場合には、早いうちから信頼できる媒体をチェックしたり、志望企業に直接問い合わせをしたりすることが重要です。

派遣の運転手は免許があればすぐに勤務開始できる

派遣の運転手は、正社員と比較して給料が低くなるものの、業務に必要な免許があれば経験が少ない人でもすぐに働けるケースが多く見られます。そのため、雇用形態にあまりこだわりがない人であれば、運転手の就職実績が豊富な派遣会社に相談をして、自分の年齢やキャリアや、保有する運転免許の種類などに合う職場を紹介してもらうのがおすすめです。正社員の運転手が不足している企業においては、数年の実務経験があり勤務成績の良い派遣の運転手を対象に社員登用が行われることもあります。そこで、将来的に正社員の運転手を目指したい人は、社員登用の制度があるところや、仕事を通じて有意義な経験ができるところを勤務先の候補に入れるのがポイントです。

役員運転手を雇用したい場合は、運転手の派遣会社に依頼します。経験豊富な運転手を採用することが出来ます。