外資系転職で後悔をしないためには早期の準備がカギ!


自分のスキルや専門性が生かせる企業をリサーチしよう

外資系転職は、収入アップやキャリアアップなど様々な面で魅力があり、20代後半から40代の求職者を中心に関心が集まっています。そうした中、外資系転職後に自分のスキルや専門性を活かすためには、早い時期から志望業界で評判が良い企業の事業内容や中途採用の事情について把握をすることが重要となります。最近では、外資系転職に関心がある求職者を対象にセミナーや相談会が開催されることがあるため、オンライン上で情報収集をするだけでなく、こうした機会を利用して色々な企業の担当者とコンタクトを取るのも良いでしょう。なお、自分に向いている業界や職種が分からない人は、総合職の求人を中心に探したり、在職中から外資系企業に好まれる資格の取得を目指したりするのも有効です。

外資系でのキャリアが豊富な人はエージェントを使おう

国内外の外資系企業に長く勤めたことがある人や、重要なポストを務めた経歴を持つ人は、外資系転職に強いエージェントを活用することで、給料や役職、勤務地などの条件にこだわって転職を果たすことが可能です。大手の転職エージェントの中には、一人ひとりの登録者のスキルやキャリア、保有資格などに適した転職先を直接紹介したり、希望に応じて転職面接の際にベテランの担当者が同席をしたりしているところもあります。また、中途採用選考の過程で人事担当者の目を引きやすい履歴書や職務経歴書の書き方について分かりやすく教えてくれるエージェントもあり、自信をもって転職活動に臨むことができます。

外資系求人には、国内勤務の業務でも英語力を求める職種があります。海外にある本社や各拠点と会議を行ったり、メールのやり取りをするときに英語が必要となります。