工場の仕事の奥深さと夢があることを知っていますか?


工場の仕事にどんな印象を持っていますか?

一般に工場の仕事と聞くと、ベルトコンベアでの単純な組み立て作業を思い浮かべる人がいます。特別な技能は必要ないと思われる人も多くいます。しかし、工場の仕事には高い技能が求められます。工場の仕事は機械加工、組立、品質検査に大きく分けることができます。

機械加工とは何をするのでしょうか?

各種の金属部品を必要な大きさと形に、旋盤やフライス盤などのさまざまな工作機械を使って加工する工程です。現在の工作機械はコンピュータに制御されプログラムによって動きます。その移動単位は、1,000分の1ミリから10,000分の1ミリです。作業者には、その操作知識やプログラム知識だけでなく金属の特性などの知識が求められます。

組立は誰でもできる簡単な作業でしょうか?

機械加工で出来上がった部品を製品に組み立てる工程です。一見簡単なようですが、精密に加工された部品を締結するときの力加減を間違えると、必要な精度がでません。この工程でも1,000分の1ミリの精度が求められます。そのため、機械加工と同じく短期間ではプロの組立作業者にはなれないのです。

品質検査は何をするのでしょうか?

機械加工した部品や製品を検査する工程です。傷がないかなどの単純な検査をではありません。三次元測定器などの高度な検査機器が用いられます。1,000分の1ミリから10,000分の1ミリの誤差をチェックするため、少しのミスも許されません。そのため、検査はクリーンルームなどで行われます。

技能五輪大会(オリンピック)を知っていますか?

機械組立、精密機器組立、旋盤加工、フライス盤加工、電気溶接、板金加工、電子機器組立など工場で必要なさまざまな技能が競われます。その国の工業技術レベルを反映するため、各国の工業会は選手の育成に力を入れています。このように工場の仕事は奥が深く、夢のあることを知ってください。

千葉の工場の求人には大手企業からのものもあります。またアルバイトやパートだけでなく正社員の求人が多いところも魅力の一つです。